人は愚かで愛おしい。山田詠美『トラッシュ』

Books

黒人の男「リック」を愛した「ココ」。ボーイフレンド、男の昔の女たち、白人、ゲイ……、人びとが織りなす愛憎の形を、言葉を尽くして描く著者渾身の長篇。女流文学賞受賞。(宮本輝)

山田詠美はやはりとんでもない作家だ。

この1冊の本に人と人が(恋愛関係においてだけではなく)付き合っていく上でのあらゆる哲学が詰まっている。

読んでいて何度ドキッとさせられたことか。
唸らされたことか。
彼女の懐の深さがよく表れている。

この人は暴言を吐きながら、過激な言葉を使いながらも
人を愛する方法を、心で人と付き合う方法を教えてくれる。

人間のダメさをやさしい眼差しで包んでくれる。

10代の頃に読んで、何度も読み直したくなる1冊。

人間ってとても愚かで、愛おしい。

彼女の哲学書と言っても過言ではなく、
女流文学賞の受賞も納得の一冊である。

彼女の小説の魅力は、
突き放した言葉の裏にも愛情があるところ。

ジョジョではないが、まさに人間讃歌の一冊なのである。

人生の折々に読み返したくなる一冊。

created by Rinker
¥891 (2024/05/26 15:18:35時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました